MENU
▼ データに基づく動画サービス人気ランキングはコチラ ▼

2019年11月旅レポ|屋久島の島内観光スポットと1日島内観光の全行程【口コミ体験談】

2019 11/23
2019年11月旅レポ|屋久島の島内観光スポットと1日島内観光の全行程【口コミ体験談】

本記事では、2019年11月に3泊4日で屋久島へ旅行へ行ったときの1日目「島内観光」の行程・スケジュールについてご紹介します。

屋久島と言えば、「世界自然遺産の縄文杉」、「もののけ姫の森の白谷雲水峡しらたにうんすいきょう」が思い浮かびますが、それ以外にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。スケジュールに余裕があれば島内観光を組み込むのがおすすめ。

本記事のポイント
  • 1日島内観光の行程(立ち寄った観光スポット)
  • 屋久島島内観光を楽しむの7つのポイント
created by Rinker
¥880 (2020/03/28 17:32:06時点 Amazon調べ-詳細)
目次

屋久島の島内観光

屋久島の島内観光について、実際の経験を元にご紹介します。

1日の行程・スケジュール

わたしは4日間のうち、レンタカーを借りたのは初日の島内観光。

最終的には反時計回りで屋久島を1周。比較的ゆっくり見て回り、さらには、翌日以降の縄文杉などの準備もしっかり済ませました。

時間行程備考
06:25JAL:羽田空港~鹿児島空港JALダイナミックパッケージで予約
08:45JAC:鹿児島空港~屋久島空港
09:45カミヤマレンタカー@空港
09:50屋久島観光協会の案内所@空港縄文杉の登山バスのチケット購入
10:00ぷかり堂今風おしゃれなお土産屋さん
11:00屋久島観光観光センター・島内最大のお土産屋さん
・登山用の携帯簡易トイレ購入
11:45Aコープ登山用の飲み物やおやつ購入
12:00ヒトメクリ.ランチ
13:00矢筈嶽やはずだけ神社岬にある天然洞窟の神社
14:00永田いなか浜・日本一のウミガメ産卵地
・美しい白い砂浜
15:00西部林道・世界自然遺産登録地域
・野生のヤクザルやヤクシカが見れる
16:30そらうみ本格的なジェラート屋さん
17:00カミヤマレンタカー登山道具のレンタル
17:30屋久島グリーンホテルJALダイナミックパッケージで予約
19:00いその香りお寿司

こうして一覧で見ると慌ただしく見えるかもしれませんが、それほど時間に迫られた感覚はなし。

唯一、「西部林道」から島の南までは最も長い行程、かつ、ジェラート屋さん「そらうみ」の営業が17:15LOラストオーダーだったため、少し時間を意識しました。

行けなかった・入れなかったお店

昼食は宮之浦地区で探しており、当初、以下のお店も候補に。

  • 楓庵(そば)
  • やまがら屋(うどん・屋久島料理)

「楓庵」は店休日。

「やまがら屋」は、開店時間の12時に行ったものの、予約で満席。後でガイドさんに聞いたところによると、地元の人にも人気のお店とのこと。もし気になる人は予め予約されることをおすすめします。

屋久島の1日島内観光の7つのポイント

実際に屋久島の島内観光をしてみて感じたポイントを7つにまとめてご紹介します。

  1. 1日目の早朝・午前中に屋久島着
  2. 島内観光はレンタカー
  3. ランチをどこで食べるか
  4. 翌日の準備は道中のスーパーで
  5. ウミガメの産卵地の永田いなか浜
  6. 世界自然遺産登録地域の西部林道
  7. 夕食候補のホテル周辺の飲食店をチェック

1日目の早朝・午前中に屋久島着

屋久島空港
屋久島空港の入り口

島内観光を1日で楽しむなら早朝や午前中に屋久島に到着するのがおすすめ。

半日では、西部林道など所要時間がかかる観光スポットなど、行けるエリアが限られてしまいます

島内観光はレンタカー

屋久島の島内観光はレンタカーがおすすめ。

屋久島は島内をぐるっと1周するメイン道路、77号線・78号線沿いに多くのお店が集まっています

バスの待ち時間タクシーのコスト、などを考えるとレンタカーが第1候補となります。(ちなみに屋久島グリーンホテルから屋久島空港までのタクシーは、ジャスト2千円でした。)

あわせて読みたい
2019年11月旅レポ|屋久島観光ならカミヤマレンタカー【登山用品レンタルも】(2019年11月口コミ体験談)
2019年11月旅レポ|屋久島観光ならカミヤマレンタカー【登山用品レンタルも】(2019年11月口コミ体験談)本記事では、2019年11月の屋久島3泊4日旅行で、「レンタカー」「登山用品レンタル」で利用したカミヤマレンタカーさんの利用レポート・口コミ体験談をご紹介します。本...

ランチをどこで食べるか

屋久島のランチ・昼食
カフェ「ヒトメクリ.」

ランチをどこで食べるかがポイント。

わたしは宮之浦で昼食を取り、それから北・西の地区を回りました。

繰り返しとなりますが、人気のお店は、繁忙期は観光客、通常の土日でも地元の人で満席となることもありますので、あらかじめ予約などを聞いてみると安心です。なお、問い合わせの際は混雑する時間帯は避けて電話しましょう。

翌日の準備は道中のスーパーで

屋久島のスーパー「Aコープ」
屋久島のスーパー「Aコープ」

翌日以降に控える縄文杉や白谷雲水峡しらたにうんすいきょうのトレッキングに備え、道中のスーパーで買い物を済ませます。

宿やホテルによっては売店で「携帯トイレ」などが買えるところも。念のためスーパーを見かけたら立ち寄っておくことがおすすめ。屋久島は環境保全のため、レジ袋は有料でエコバッグや買い物袋を推奨しているため、準備しておきましょう。

ウミガメの産卵地の永田いなか浜

ウミガメの産卵地である屋久島の永田いなか浜
永田いなか浜のウミガメの石像

ウミガメの産卵地の永田いなか浜は外せない観光スポット。

日本国内ではなかなか見れない白い砂浜は圧巻の景色。日本だけでなく、世界有数のビーチリゾートにも負けないレベルの砂浜が広がっています。(なんといってもゴミひとつない砂浜におどろき!)

世界自然遺産登録地域の西部林道

屋久島の世界自然遺産西部林道
西部林道のヤクザル

いなか浜同様、西部林道も見ておきたい観光スポット。

縄文杉が所在する世界自然遺産登録地域のエリアをドライブできます。野生のヤクザル、ヤクシカの姿が見れることも。実際にヤクザル見れました。人間が近づいてもまったくに意に介さず、いい意味で人なれしておらず可愛かったです。

なお、林道は長時間の山道ですので、車酔いが心配な人は酔い止めを準備。(ドライバーでも酔いそうでした)

created by Rinker
トラベルミン
¥467 (2020/03/28 13:35:31時点 Amazon調べ-詳細)

夕食候補のホテル周辺の飲食店をチェック

屋久島のいその香りのお寿司
屋久島グリーンホテル前のいその香りのお寿司

夕食候補の飲食店をチェックしておきましょう。

特に繁忙期は夕食難民とならないよう、「宿・ホテル食の日」、「飲食店で食べる日」をスケジュールして、飲食店の場合は予め予約するのがおすすめです。

目次
目次
閉じる